読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神さまによろしく

ココロとカラダはつながってる。本当の命を生きるために。

ハードワーカー

頑張ってるから、見てほしかった。愛情を得る手段が頑張ることだった。

ピアノができない自分に価値はあるのかと思って、高校生になって一切ピアノをやめてみたけど。母にとって価値があるのか、だったんだ。

100番台をとったらがっかりされた。それからはそれ以上落ちないように、必死で頑張った。壊れかけてるのに。

大学で部活の先輩があまりに優しくてびっくりした、嬉しかった。できない自分も認めてほしかった。運営の学年になって責められて、結局やめた。思い入れ強かった。この部活のためにって、切り捨てられたら考えてくれないってすごい恨んで、なんかやりすぎなくらい。それしかなくてうるさいOBみたい。

 

どうしてハードワーカーなんだろうと思っていた。ダラダラし始めたら際限なくダラダラする。仕事を始めてしまったら永遠に頑張らないといけないから、はじめたくない。やらなきゃいけないことを尻目に、ダラダラしてFacebookや撮りためたドラマをみるのが至福。逆に仕事が早く終わって、手持ち無沙汰になると困ってしまう。変な焦りを感じるほど。かといって隙間時間に仕事を終わらせたいわけでもない。何もしたくない。疲れてる。効率よく疲れをとる方法があればいいのに。

 

やることないと困ってしまうのだ。雑談しないといけないし、役に立たない私に価値があります!って世間に差し出せない自分。

 

泣かずに頑張って、親も手を出せなかっただろう。わかりにくいsosを出してたよね。甘え下手に愛し下手。妹が甘え上手でよかったよね。

 

もう泣いてもいいし、できないから助けてほしいって言ってもいいし、寂しいからそばにいてって言ってもいいし、相手は余裕のない母親じゃないし。

仕事さっさと終わらせて、遊びに行っていいんだ!