読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神さまによろしく

ココロとカラダはつながってる。本当の命を生きるために。

自分の人生を生きることにしました。

仕事で、別の部署の方から注意を受けた。前から必要以上に、怒る人ではある。

 

今回は自分の上司に入ってもらって、私から返事をしないようにした。

 

適切な対応だったと思うけど、だんだん仕事が手につかなくなっていき…感情を感じてみようとすると、激烈な怒りがあることに気づいた。

 

感じ続けたら、「私に八つ当たりしないで!私を使って人生を楽しまないで!私の人生は私のものだ!」て出てきた。

 

イライラを私にぶつけられること。私を必要以上に心配したり、私に必要以上に好かれようとするけど、自分はお留守な人。そういうことへの怒りをやっと自覚した。

なんか、全部人のウンコを投げられてる気がする。自分の境界線がしっかりしていないということだけど。

 

私の人生は私のものだって宣言した瞬間、モヤがかかっていた人生がクリアになった。というか今までモヤがかかっていたことに驚いた。今まで、頑張って、精神的にも経済的にも自立して生きてきたつもりだったので。

 

人と関わることはウンコを投げることではない。自分の足で立って、自分から発光して、発光しているもの同士、鏡になること。また自分の役割(天職)を人に与え、相手からも得意なことで助けてもらうこと。

そもそも神様は人と関わる装置として、人それぞれ被らない天職を与えたのではなかろうか。

 

だからやっぱり、早く魂の願いにたどり着くことが大事なんだ。

また自分から相手の得意なことを見つけて、ばんばん助けて貰えばいい。それが相手が天職を見つけやすくなることにつながる。