読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神さまによろしく

ココロとカラダはつながってる。本当の命を生きるために。

嫌いな人も神様頼み

神様が愛してくれるから、それに委ねよう。

 

嫌いな人との関係に悩みすぎた。

その人について考えると、すっと神様との繋がりが途切れるのがわかる。分離した。戻りたくても戻れない。

人からどう思われるか考えた時に、人に寄っちゃってなかなか自分に戻れなくなる感覚に似てる。

 

悩みたいのである。ヒマで、やるべきことから逃げるために悩みで頭いっぱ〜いと言っている。

やりたいことをちゃんとやり始めれば、ヒマなんてないのに。

 

嫌いな人が気になるのは、嫌ってひどい態度を取っている自分が許せないから。どうしたらその人が良い方向になるのか、どうしたら愛せるのかを考えてるけどわからない。

本当は心の底は愛したいのだけど、愛したくない(笑)長年連れ添った亭主のように、いろいろ抑え込んだ怒りが溜まっているから。

そこを解放するのが先…1人で。相手にぶつけない…今私は思いっきりぶつけているけど(直接言えなくて我慢して結局ひどい態度)。

 

愛したくない、を認めればいい。

私は愛せません。代わりに愛してあげてください、って神様に頼めばいい。

自分でなんとかしようとしてた。人をどうにかしようなんて傲慢だった。神様の仕事を奪ってたわ。

私が私を愛すればいい。相手を愛したくない自分も、いらんこと言われてムッとする自分も、そのままその気持ちでいていい。そんなこと思っちゃだめ、どのようにいい方向に返そうかって考えることが、自分を愛してないことだ。

 

いい人間になろうとするとき、間違えるポイント。はき違えて、自分を大切にして人を否定するのも違う。自分を肯定、相手は神様に投げる(笑)