読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神さまによろしく

ココロとカラダはつながってる。本当の命を生きるために。

病気と肉体と生き方と

病気を治すことだけが、患者さんを救うことではないはずだ。

結局は患者さんが、その肉体との生き方に満足しなければ、意味がない。

肉体を治すことが医療の仕事で、心のケアは家族でやってほしいと思っていたこともある。

 

もちろん自分で自分がケアできない人の母親役まではできない。

それに気づいて、病気を機に自分を取り戻せたらそれはそれで素晴らしいけど。

 

魂は肉体を選ぶという。使命を遂行しやすい肉体を。

病気には理由がある。後天的な病気なら、身体の歪みが生き方の歪みをあらわしている場合は、それをヒントに本来の生き方に戻ることができる。

先天的な病気や、生活習慣と関連がなさそうな病気だと、最初から病気になると決めてきている場合もある。助けてもらうだったり、偏見に負けないなどの学びを設定していたり。

 

それがわかれば、ムダに自分を責めなくてもいいのでは。ただただハッピーで、いいことを引き寄せられる。病気は悪いことじゃない、ただの学びの一つ。