読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神さまによろしく

ココロとカラダはつながってる。本当の命を生きるために。

嫌いって言っていい理由

一緒にいる人を選ぶことにしました。

 

好きな人といると、テンションが上がるし、心から笑顔になれるし、どこからか喜びが湧いてくる。なんにもしなくても、魅力的な自分でいられるし、自然となにかしてあげたくなる。

労力がいらない。

 

合わない人といると、笑顔を作るのに労力がいる。居心地悪くて不機嫌になりそうだけど、失礼に当たらないように演技をしないといけなくて、余計なエネルギーを使う。

結果、自分のセンターからズレまくって思ってもないことを言ってしまう。ムダなコミュニケーション。消耗する。

 

エネルギーバンパイヤじゃない。単にこっちがセンターからズレた分、エネルギー使ってるだけだ。

 

合わない人に、合わせない。接しなくていいならそれが一番だけど、仕事や親類などで接する場合は、愛を送る。でもさらりと、いい加減でいい。

 

本来こっちが合わないと思えば、むこうも肌が合わないはずだ。そこで好きだと追いかけられるなら、その人にはなにか執着があって、別の人を追いかけている。本音じゃないからそれ。真面目に聞いてあげなくていい。

 

感覚が死んでなければ合わないってことがわかるはず。

 拒絶される学びもさせてあげる。それは冷たくない。