読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神さまによろしく

ココロとカラダはつながってる。本当の命を生きるために。

頑張る作法

頑張る。

頑張ったら人に厳しくなってしまう。

つい人を攻撃してしまうレベルまで頑張らないようにすると、実力をセーブしているみたいで、サボってる感じがする。

他人からできてない!って責められる。

結局のところどこまで頑張ればいいのかわからない。

 

人に八つ当たりしないといけないほど頑張るのはやりすぎ。

やりすぎというか気分の選択を間違っている。

自分がるんるんでベストパフォーマンスを出せる状況で、幸せなまま仕事をするのだ。

仕事は辛いものって思い込みをまず捨てる。

 

誰も頼んでない。心で繋がれなくて、あんたがいるから大変だって空気を醸し出す人など。

 

誰も助けてくれない、誰も面倒みてくれない…は思い込み。助けてもらいたくないんだよね。そんな屈辱、思い知りたくないと。自由がなくなるなんてゴメンだと。

さらに…助けてって言って助けてもらえなかったらどうしよう、ため息とかつかれたらどうしよう、誰にも助けてもらえない私とかみていられない。

 

助けてもらいたいと思ってる。それもそもそも違う。

私は私を助ける。人と私は対等であって、面倒をみるみてもらうの関係ではない。それぞれに得意不得意なところがあって、それを「お願い手を貸して」って言うだけ。

そこに恥ずかしいとかこわいとかいらない。

 

もちろん頑張って技術を手に入れた人は怒るかもしれない。お前も頑張れって言うかもしれない。それは、その人が助けてほしいって言ってるだけだから、違う人に頼もう。その人余裕ない。そこ傷つかない。