読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神さまによろしく

ココロとカラダはつながってる。本当の命を生きるために。

慰安婦の夢

おととい見た夢の話です。グロいので調子悪い人は注意。

 

私は出てなくて、たぶん私が友達の話を聞いていたんだと思う。

 

おとなしそうで、目がくるんとしててかわいいツインテールの女の子。グレー色ベースのセーラー服を着てる。たぶん高校生。

 

時代背景は戦後で、戦時中に慰安婦として、外国の軍隊に拉致されていた。

そういう場面はなかったんだけど、ブサイクな顔で兵士と一緒に並んで写ってるモノクロ写真。

あと拉致されて兵士に囲まれて泣いてて、顔に印のような傷をつけられて、痛いーって言いながらされるがまま泣いてる場面。

 

ああ、私だと思った。彼女も、兵士も。

 

この夢を見たとき、仕事でせっぱつまってて、自分で自分を虐待している感じだった。

夢って自分の脳がみているものだから、登場人物は全部自分なの。

頭=思考が兵士。心•肉体=女の子。心もカラダも嫌がって泣いてるのに、思考がやるべきだーってムリヤリやらせてる。そして心も、嫌だーって何か対策するわけでもなく、されるがまま泣いてるだけ。

 

甘んじて、嫌なことやり続けるの、おかしくない?しかし、いきなり仕事を辞めるわけにもいかず。

嫌だという気持ちを認めて、なるべく嫌と感じないように、楽しくやりがいを感じる方向で、仕事のやり方を考えるのが思考の仕事だと思う。

嫌だって言ったって、選んでるんだから。楽しい、やりがいある要素があるはず。少なくとも今はやるべき課題がそこにあるはず。