読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女神さまによろしく

ココロとカラダはつながってる。本当の命を生きるために。

成長意欲の続き

昨日、嫌いな自分のことを書いた。

いたたたたって思いたくないから、大っ嫌いって相手に貼り付けて遠ざける。

 しかしムカツクものはムカつくのである。

 

いたたたたってちゃんと思うこと。さらにはいたたたたってことをやってみること。

恥さらしな過去の自分を許すこと。いていいよって自分の一部に言うこと。

 

過去に失敗した自分を、封印している。二度とそうならないように細心の注意を払ってる。責めて、がんじがらめに南京錠などかけて。

 

そこまでしていて、また同じことやるなんて責められる気がしてできない。

自分が一番、嵐のように責めている。だから相手がやると、嵐のように責める。封印して忘れているから、ご丁寧に人がそれをみせてくれる。忘れているから、なんの疑いもなく相手を責める。

 

クズすぎる自分をいてもいいよって言えるか。

過去、その場しのぎで生きてきた自分を。人の賞賛だけあればよかった、ダサい自分を。

自信がなくて、外付けのスペックに頼りまくってたカッコ悪い自分を。

みる人がみればわかるメッキを自慢げにふりまわしていることを。

ただただ生き抜くことに必死だった自分を。

こわくて、気を抜けば攻撃されて、ただただ守ることに必死だったことを。

 

戦場だった

 

ただ安らぎがほしかった

 

死ねば楽になるのかなって本気で思ってた

 

いつ、止まれる?

 

 

絶対許せない過去をもう一度やろうとしたら、過去どうしてもそうせざるを得なかった理由に行き着いた。

そのときはそれしか知らなくて当たり前だったけど、幸せと安心を知ってる今なら「辛かったね」って言える。両方経験したから、わかる。

 

過去辛かった時期だけ知ってる私なら、「それくらい大したことないじゃない」って言っちゃいそう。

 

幸せしか知らないなら(封印して忘れているなら)病んでる?近付かんとこうって思うだけ。

 

過去の自分を許すって、過去の自分がなぜそんなことをしたのかまで理解することだ。しかも体感で。

そのときの感情まで戻って、封印して感じきれなかった心をちゃんと成仏させて。

いかに今幸せか、いかに頑張ってきたかわかるから二度美味しい(*´∇`*)しかも同じような方を理解できるようになる。